ホーム > 記事アーカイブ > 2018-02

2018-02

精神の疾患と障害~統合失調症、うつ病、躁うつ病~

精神の疾患と障害~統合失調症、うつ病、躁うつ病~

日程表

時  間 内  容
4

26

(木)
13:00~13:30 受付
13:30~13:50 開講・オリエンテーション
13:50~14:10
(20分)
「ひのきしんとは」
林 久郎 氏(ひのきしんスクール運営委員)
14:20~15:50
(90分)
講義①「精神疾患とは-その診断と治療」

田口 静 氏
(天理よろづ相談所病院「憩の家」精神神経科 医師)

15:50~16:20
(30分)
質疑応答①

【回答者】田口 静 氏

16:30~17:30
(60分)
講義②「知っておきたい制度と支援」

的場 晴三 氏
(天理よろづ相談所病院「憩の家」白川分院 精神保健福祉士、修治分教会ようぼく)

17:30 解散
4

27

(金)
8:50 集合
9:00~10:20
(80分)
講義③「本人・家族への援助―臨床心理士の視点から」

石﨑 多賀恵 氏
(社会福祉法人いづみ福祉会 障害者相談支援センターいづみ 相談支援専門員、臨床心理士、館山分教会ようぼく)

10:30~11:30
(60分)
講義④「心を病む人と共に」

武内 正美 氏
(髙屋分教会長、ひのきしんスクール運営委員)

11:30~12:30
(60分)
昼食(ランチョンワークショップ)

※受講者同士で昼食を取りながら、講義のふりかえりなどを行います。

12:30~13:45
(75分)
質疑応答②
【回答者】(登壇順)
的場 晴三 氏
石﨑多賀恵 氏
武内 正美 氏
【司   会】
井上 隆文 氏
13:45 閉講
  • 開催日時:立教181(平成30)年4月26日(木)・27日(金)<受付13:00~>
  • 会場:おやさとやかた南右第2棟3階
  • 受講御供:1500円
  • 締切日:4月14日(土)

詳しくはこちら(PDF)

3月図書修理実習室開放日

立教181年3月図書修理実習室開放日

下記の日時に、図書修理実習室を開放いたします。利用ご希望の方は、前日までにひのきしんスクール事務局までお問い合わせください。

  • 開放日:3月5日(月)、12日(月)、14日(水)
  • 開放時間:9:30~16:00
  • 会場:おやさとやかた東左第4棟4階18番教室
  • 対象:講座「図書修理」受講者
  • 利用御供:500円

「依存症からの回復プログラム」勉強会

「依存症からの回復プログラム」勉強会

現代の難渋たすけの一つである「依存症」に対して、ひのきしんスクールでは早くから講座やシンポジウムを開催し、「依存症が病気であること」「正しい治療や対応をすれば回復が見込めること」などを広くお伝えしてきました。
しかし、シンポジウムや講座の受講しただけでは、実際に直面した時どう動いたらよいか分かりません。そこで昨年、ひのきしんスクールを通して依存症の理解を深めたようぼくが、いま世界的に活用されている「依存症からの回復プログラム(12ステッププログラム)」を学ぶ勉強会(全7回)を開催しました。継続の要望に応え、立教181年度も開催します。
この勉強会は、「ギャンブル依存症問題を考える会」代表の田中紀子氏に、依存症からの回復プログラムを分かりやすく解説してもらうとともに、実際のおたすけのケースも踏まえ、依存症のおたすけについて勉強します。

「依存症からの回復プログラム」勉強会

    開催日:
    立教181年4月25日(水)、5月25日(金)、6月25日(月)、
    8月25日(土)、11月25日(日)、12月25日(火)、
    立教182年2月25日(月) 〔全7回〕
    時間:14:00~16:00
    会場:おやさとやかた東左第3棟地下1階
    対象:ようぼく(全7回受講可能な方)
    定員:40名
    受講御供:3,500円(初回受付時に受領します)
    締切日:4月14日(土)
    備考:欠席される場合は、後日、指定の場所でDVDにて学んでいただきます。

詳しくはひのきしんスクール事務局までお問い合わせください。

詳しくはこちら(PDF)

ホーム > 記事アーカイブ > 2018-02

検索
最近の記事
記事アーカイブ
ひのきしんスクール携帯サイト

ひのきしんスクール
携帯サイト

ページの先頭へ戻る

©2009 Tenrikyo Densanka All rights reserved.
Powered by WordPress vicuna CMS WordPress テーマ