ホーム > 天理教の社会福祉 > 天理教献血推進委員会

天理教献血推進委員会

  • 2016-12-02 (金) 16:44

天理教献血推進委員会

 日本で現行の献血活動が始まったのは昭和39 年。本教の献血活動は、奈良県の要請を受け、翌年に天理大学の有志によってスタートしました。昭和44 年頃から青年会本部より献血活動が提唱され、教区ごとに活動が広がっていきました。綿々と続けられてきたこの活動は一本化することになり、業務は社会福祉課が担当しています。
 昭和54 年には「天理教献血推進委員会」が設置され、今日の献血体制へとつながっていきます。平成7年には宗教団体として初めて昭和天皇賞を受賞しました。
 委員会では、教会本部、教区の献血推進研修会や教区別献血担当者懇談会などを行っています。

◆献血ひのきしん◆

「天理教の社会福祉」に戻る

詳しくは、社会福祉課までお問い合わせ下さい。

ホーム > 天理教の社会福祉 > 天理教献血推進委員会

サイト検索
最近の記事
記事アーカイブ

ページの先頭へ戻る

©2009 Tenrikyo Densanka All rights reserved.
Powered by WordPress vicuna CMS WordPress テーマ