ホーム > 天理教の社会福祉 > 天理教点字研究室、音訳研究室、手話研究室

天理教点字研究室、音訳研究室、手話研究室

  • 2016-12-02 (金) 15:23

天理教点字研究室、音訳研究室、手話研究室

 点訳者・音訳者・手話通訳者の養成機関として、点字研究室(昭和35年設置)、音訳研究室(昭和42 年設置)、
手話研究室(昭和36 年設置)があります。各研究室では、修養科生や一般の方を対象とした講習会の講師を務める
ほか、通信教育での指導を行い、それぞれの人材養成を目指しています。
 点字研究室では機関誌『五彩』(点訳奉仕団) を、音訳研究室では『かたらい』(音訳友の会) をそれぞれ年2回
発行して、会員相互の親睦を図っています。また、手話研究室では、手話の研究、手話便覧の作成、各種講習会
の授業および別席取り次ぎ通訳などを行い、創設以来、およそ35 年間の集大成ともいうべき『写真手話辞典』や
『写真で学ぶ手話の本・すぐ使える日常会話』を発刊しています。

◆音訳講習会の風景◆

◆手話の本◆

「天理教の社会福祉」に戻る

手話通訳

    【別席、お守り、をびや許し、神殿案内】
    1週間前までに社会福祉課へご連絡下さい。
    【天理教基礎講座、三日講習会、修養科、教人資格講習会、教会長資格検定講習会】
    前もって社会福祉課までご相談下さい。
    【本部神殿講話】
    毎月26日(4月は18日も)、係の者が神殿西地下出入口の境内掛屯所横に詰めています。

「天理教の社会福祉」に戻る

詳しくは、社会福祉課までお問い合わせ下さい。

ホーム > 天理教の社会福祉 > 天理教点字研究室、音訳研究室、手話研究室

サイト検索
最近の記事
記事アーカイブ

ページの先頭へ戻る

©2009 Tenrikyo Densanka All rights reserved.
Powered by WordPress vicuna CMS WordPress テーマ