ホーム > トップ記事 | 最新インフォメーション > 本年もよろしくお願いします

本年もよろしくお願いします

本年もよろしくお願いします

     旧年中は、持ち場立場の上で布教活動に御尽力くださり誠にありがとうございます。本年も共々に一手一つに勤めさせていただきたいと存じます。よろしくお願いいたします。
     さて、昨年は10月に「創立100周年記念第94回青年会総会」が盛大裡に開催されました。各直属・教区においても、分会活動が活発に展開されたことと思います。青年会はこの100周年の活動の中で「初参拝」を目標に掲げて布教活動を推し進めました。「初参拝」は未信者を教会などの拠点にまずお連れし、そこから丹精を始めよう、というものでした。初参拝者は青年会員の声掛けによって教会へ導かれましたが、その参拝者に今後、お道の教えを伝え、丹精していく役割は教会や教会長の受け持つところが大きいでしょう。せっかく蒔かれた種が埋もれ放しにならないように、芽が出て育っていくように、各教会としてご丹精くださるようお願いします。
     また婦人会では、本年5月1日から9月16日にかけて各教区内(及び海外)に会場を設定して「天理教婦人会創立110周年 会員決起の集い」を開催されます。そして10月20日から11月30日までは「別席強調期間」としてつとめられる旨が発表されています。
     こうした動きを、各教会がしっかり活動に取り入れて、教会活動の進展を御守護いただけるようにお心掛けください。
     また1月25日からは立教182年度布教の家入寮希望者の願書受付を開始します。各寮では教区内の経験豊かな教会長や教会長経験者、布教師が寮長や育成員として任に就き、指導にあたります。寮生たちは教会の御用や私事から離れ、1年間ひたすらに、にをいがけ・おたすけに没頭します。その環境であるからこそ、寮生たちの中に、真っすぐな心でひながたを求める姿勢が養われ、生涯かけての布教生活が心に定まります。布教の家は、将来へ続く貴重な仕切りの1年となります。ぜひ多くの若者に入寮をお勧めくださるようお願いします。

ホーム > トップ記事 | 最新インフォメーション > 本年もよろしくお願いします

サイト検索
最近の記事
記事アーカイブ

ページの先頭へ戻る

©2009 Tenrikyo Densanka All rights reserved.
Powered by WordPress vicuna CMS WordPress テーマ