ホーム > 全教一斉ひのきしんデー

全教一斉ひのきしんデー

  • 2018-10-25 (木) 15:57

立教182年4月29日(祝)
全教一斉ひのきしんデー

感謝の心を寄せ合って 一手一つにひのきしん

     立教182年も4月29日(祝)に、全教一斉ひのきしんデーを実施します。
     ひのきしんは、十全のご守護を頂戴して生かされていることに対する感謝を形に表した行いであり、いつでも、どこでも心一つでできる信仰実践です。全教一斉ひのきしんデーは、その感謝の心を寄せ合って勤めるもので、誰でも参加できる活動です。多くの支部にとって、最も大勢の教友が集う場であり、その姿は、外に対して大きなにをいがけとなり、新たな参加者には、様々な地域活動を通して成人してもらうための絶好のきっかけとなります。
     まずは教会長・布教所長が率先して実動し、直属・教区が一手一つに心を合わせて、「全教一斉」の名に相応しく、大勢の方が報恩感謝の勇み心をもって勤めるひのきしんデーとさせていただきましょう。

全ようぼく家庭に声をかけよう!

     全教一斉ひのきしんデーは、全教の信仰の喜びを集結する日であり、参加したようぼく・信者が味わう一手一つの連帯感は、さらなる勇み心へとつながる活動です。
     会場の設定、参加呼びかけの取り組みについては、教区において教区担当者と各支部担当者が去年の反省を活かせるようねりあうとともに、支部においても簡単に昨年通りとするのではなく、よく相談してください。特に、参加呼びかけについては、天理時報に会場一覧の掲載が無くなることも踏まえ、支部内に所属教会のないようぼくにも支部より案内ができるよう、また婦人会、青年会、少年会、学生担当委員会からも声がかかるよう体制作りをお願いいたします。
     直属からも、参加カードを活用して所属する全ようぼく家庭に案内をしてください。

全教一斉ひのきしんデー会場案内について

全国の会場案内は3月下旬に公開予定です。

    ※今回より天理時報への実施会場の掲載が無くなりますので、各教区・支部は、
     必ず「教区・支部情報ねっと」に会場を掲載してください。また各教区では、
     管内の会場一覧を教区報に掲載するなどして、管内教会に案内できるようにし
     てください。

ホーム > 全教一斉ひのきしんデー

サイト検索
最近の記事
記事アーカイブ

ページの先頭へ戻る

©2009 Tenrikyo Densanka All rights reserved.
Powered by WordPress vicuna CMS WordPress テーマ