ホーム

天理教布教部

立教182年全教一斉ひのきしんデー

感謝の心を寄せ合って 一手一つにひのきしん
立教182年 全教一斉ひのきしんデー

教区・支部情報ねっと」も活用し 一人でも多くの方へ呼び掛けを

     今年も「感謝の心を寄せ合って 一手一つにひのきしん」のテーマのもと、「全教一斉ひのきしんデー」が4月29日に実施されます。
     立教180年に行った支部長へのアンケートでは、「支部で一番参加者が多い行事は何ですか?」との問いに対し、全支部の93%にあたる519支部において、ひのきしんデーと回答されました。地域活動において、ひのきしんデーには参加する方が大勢おられるわけです。
     参加者にとって、多くの道の仲間と、親神様への報恩感謝の心からひのきしんに励むことは、大きな勇みに繋がると共に、地域にお道の素晴らしさを映し出すにをいがけになるでしょう。さらに、地域におけるさまざまな活動に繋がり、お互いがたすけ合い励まし合って、成人の歩みを進めるきっかけにしてもらいたいと思います。
     ついては、支部役職者はじめ教会長の方には、初めて参加するような方がおられたら、次に繋がってもらえるよう声を掛ける、また一緒にひのきしんをする、などの心配りをお願いいたします。
     今年から天理時報への会場掲載がなくなりますが、「教区・支部情報ねっと」(会場検索方法の詳細はこちら)と天理教および布教部ホームページに会場一覧が掲載されていますので、どうかそれらを活用してお声掛けください。
     より大勢の方に参加してもらうためには、ようぼく家庭にひのきしんデーの案内が届くことが必要です。支部では天理時報の手配りはもとより、ようぼく名簿に基づいて、全てのようぼくに呼び掛けができるよう、また直属においても月次祭や講社祭、さらには手紙やメールによって遠方に住むようぼくにも声が掛かるよう、さまざまな機会を利用して最後までご丹精ください。
     もし教会長の方がインターネットを活用できない場合、布教部ホームページから教区ごとの会場一覧を印刷できますので、直属で、また教区支部でたすけあって、その会長さんに必要な教区分を届けていただきたいと思います。
     まずは教会長、布教所長が率先して実動し、直属・教区が一手一つに心を合わせて、「全教一斉」の名にふさわしいひのきしんデーにさせていただきましょう。

教区別会場一覧及び公開後の変更情報について

    (公開しました)
    全教一斉ひのきしんデー事務局(布教二課)では、教区より提出された実施計画書を基に、教区別・海外・献血ひのきしんの会場一覧を印刷できるようにしました。また、情報公開後に寄せられた会場の変更情報もこちらに掲載します。

全国会場案内について

    (公開しました)
    全教一斉ひのきしんデー事務局(布教二課)では、教区から提出された実施計画書を基に全国の会場一覧を作成し、例年3月末にインターネット上で公開しています。
    これは、事務局が制作し配布している「案内チラシ(A4サイズ)」に会場一覧を印刷し、参加促進に活用してもらうためです。
    加えて、会場一覧の内容を、テキストファイルでも提供しています。教会報や教区報に掲載される場合は、テキストファイルのデータをご活用ください。

    ※今回より天理時報への実施会場の掲載が無くなりますので、各教区では管内の会場一覧を教区報に掲載するなどして、管内教会に案内できるようにしてください。

     

にをいがけ研修会

にをいがけ研修会
実動準備コース/実動コース/企画コース

    「にをいがけ研修会」は、一人でも多くの方に勇んでにをいがけに取り組んでいただけるよう、布教実動を後押しする研修会で、国々所々での布教活動推進に役立ててもらうことを目指しています。実動準備コースでは、にをいがけドリルの「準備」で使う様々なワークを学び、実動コースでは、にをいがけの準備をした後、実際に路傍講演や戸別訪問を行います。企画コースでは、にをいがけ初心者や苦手意識がある方を対象とする研修会の企画について学びます。
    人材育成の大切さをお聞かせくださるこの旬に、布教のできる人材を育てるための「にをいがけ研修会」にぜひご参加ください。
  • 日 時
    立教182年6月26日(火)13時30分~17時 (13時より受付)
  • 会 場  おやさとやかた東右一棟(天理教校)
  • 対 象  にをいがけに意欲のある方
  • 定 員
    実動準備コース60名、実動コース各20名、企画コース30名(いずれも先着順)
  • 参加費  300円
  • 持ち物  筆記具
  • 申込方法
    下記項目を明記の上、郵送・FAX・E-mailにて布教部布教二課へお申込みください。
  • 記入事項
    1.氏名(ふりがな) 2.郵便番号及び住所 3.電話番号 4.年齢 5.性別 6.直属及び所属教会名 7.希望コース
    「実動準備コース(+ワーク記号2つ)」、「実動コース(+路傍講演OR戸別訪問)」、「企画コース」
    ※ワークの内容は下記を参照してください。
    ※実動コースをご希望の場合は、路傍講演か戸別訪問のどちらかをお選び下さい。
  • 締 切  立教182年6月12日(水)
    ※定員になり次第締め切ります。
  • 申込先
    布教部布教二課
    632-8501 奈良県天理市三島町1番地1
    FAX:0743-63-7578
    E-mail:ndk@tenrikyo.or.jp
  • こちらからお申込みいただけます。

コース紹介

◆実動準備コース

  • A:カードでにをいがけ(断りへの対応)
    戸別訪問の様々な場面がカードになっています。改訂版では、留守宅と断りへの対応カードが加えられました。これらのカード数枚を組み合わせて流れを作り、繰り返し練習します。心にゆとりを持って本番に臨めるようになるでしょう。
  • B:話の引き出しを増やそう
    いくつかの教語を取り上げ、その教えの分かり易い伝え方を共に考え、それぞれにあった伝え方を話し合います。
  • C:自慢話からはじめよう
    戸別訪問での会話をより弾ませるために、相手の話しやすい話題
    (成功体験・キーワードなど)を取り上げ、話の引き出し方を考えます。

◆実動コース

  • 路傍講演
    文字を大書したフリップを提示し、その裏に書いてある原稿を参考にしながら、自分自身の信仰体験談などを道行く人達に訴えかけます。神名流しの後、天理駅前で実動します。
  • 戸別訪問
    にをいがけドリルの手法を使い、天理市周辺で実動します。

◆企画コース

    教区・支部、教会などで、にをいがけ初心者や苦手意識がある方を対象とした研修会を開催するためのノウハウや、実動準備ワークの中からいくつかを紹介し、それらを使った研修会の組み立て方を学びます。

詳しくは、布教二課まで。

4月 おやさと講演会 

4月おやさと講演会  18日の会場は市民会館です

おぢばでお道の素晴らしいお話を是非ともお聴き下さい!!
 お連れした帰参者の皆さんとともに信仰を深める教話に耳を傾けましょう。
 一人の信者さんへの丹精が、明日の陽気ぐらしにつながります。

  • 日時4月17日(水) 13時より
  • 会場  東講堂
  • 第一講  吉川 忠司 (敷島・葛上分教会長)
    演題: ふしぎな里
  • 第二講  増田 正義 (典日分教会長)
    演題: ひながたの道
  • 日時 4月18日(木) 14時30分より
  • 会場  天理市民会館
  • 第一講  平田 利治 (岐美・濃武分教会長)
    演題: 世界たすけ
  • 第二講  加藤 芳樹 (中河・大海理分教会長)
    演題: 声は肥(こやし)
  • 日時 4月25日(木) 13時より
  • 会場  東講堂
  • 第一講  加藤 親生 (高宮分教会長)
    演題: 節から芽が出る!
  • 第二講  榮嶋 憲和 (櫻井・桃榮分教会長)
    演題: 節にこもる親心
  • 日時 4月26日(金) 13時より
  • 会場  東講堂
  • 第一講  竹川 東一郎 (飾東・飾大分教会長)
    演題: いきいきといきていきましょう
  • 第二講  髙橋 和夫 (牛込・千山分教会前会長)
    演題: おぢばへの伏せ込み

詳しくは、布教二課まで。

ホーム

サイト検索
最近の記事
記事アーカイブ

ページの先頭へ戻る

©2009 Tenrikyo Densanka All rights reserved.
Powered by WordPress vicuna CMS WordPress テーマ