依存症たすけあいの会

依存症たすけあいの会は、立教178年(2015年)12月24日に設立した、教内の関係者が運営する「自助グループ」です。

依存症の問題に悩んでいる教友の交流および情報交換、分かち合いを目的に発足しました。

毎月25日におぢばで「分かち合い」のミーティングを行っており、基本講座の開催や個別の相談にも応じています。

また、会の立ち上げには、公益社団法人「ギャンブル依存症問題を考える会」代表の田中紀子氏に、全面的にご協力いただきました。

依存症と「自助グループ」

依存症は、アルコールや薬物、或いはギャンブルやゲームなどがやめられなくなる病気です。病気ですので、本人の根性や意思の弱さが原因ではなく、自分でコントロールすることはできません。

しかし、正しい治療や「自助グループ」に繋がれば、回復が見込めます。

「自助グループ」は、依存症からの回復を目指す人や家族の集まりです。同じ立場のたくさんの人が、あなたの味方になって相談にのってくれます。

ミーティング

毎月のミーティングでは、当事者、当事者家族、おたすけ人のグループに分かれて「分かち合い」をしています。

名前や所属をお尋ねすることは決してありません。安心してご参加ください。

対象依存症の当事者および家族、依存症のおたすけをされている方
日程毎月25日 17時~19時
申し込み期間特に必要ありません。

守秘義務と匿名性を徹底するため、ハッピの着用はご遠慮ください。

※ミーティング会場については、「ひのきしんスクール事務局」までお尋ねください。

依存症 基本講座

依存症の基礎知識や当事者への関わり方、医療との連携、自助グループや家族会の活用など、依存症のおたすけに役立つ知識を学べる講座を開催しています。

講師は、布教部酒害相談室のご協力を得て、同室相談員および当会のスタッフがつとめます。

対象ようぼく
日程2月、4月、6月、8月、11月の25日 14時~15時
申し込み期間開催日の2日前までにお申し込みください。 なお、講座の後に個別の相談にも応じます。

※現在(令和2年8月)、新型コロナウィルス感染拡大防止対策のため開催を見合わせています。