保育士育成白梅寮

保育士育成白梅寮は、天理教保育士育成委員会(布教部社会福祉課所管)が運営する寮です。昭和46年、教内の児童福祉施設から「ようぼく保育士」の養成、派遣を求められる声に応えて開設されました。

「白梅寮」は、同じ夢を持つ仲間と共に、2年間寮生活を送りながら、奈良市にある指定校の奈良保育学院に通い、保育士の資格を取得します。

そして卒業後は、保育士として親里にある児童福祉施設及び教育施設で1年間お礼のひのきしん。その後、これまでおぢばで学んだ経験を活かして、いよいよ全国にある、親里を含む教内各地の児童福祉施設で2年間勤務をしながら、おぢばの風を届けます。

現代社会は、子どもを取りまく環境は決して望ましいものばかりではありません。今こそ、一人でも多く、教祖の教えを身につけた「ようぼく保育士」のはたらきが求められています。
保育・福祉を志す皆さん! さあ、白梅寮へ!
白梅寮で、一緒に「ようぼく保育士」を目指しましょう!

指定校

奈良市にある、指定校の奈良保育学院(学校法人白藤学園)で学びます。
優れた幼児教育者および児童福祉施設従事者を養成する学校です。

<関連リンク>
奈良保育学院ホームページhttp://www.shirafuji.ac.jp/shirafuji_gakuin/

取得資格について

指定校で規定の単位を修得して卒業した者は、幼稚園教論2種免許状・保育士資格が取得でき、専門士(教育保育専門課程)と称することができます。
これらの資格により、幼稚園や乳児院・保育所・児童養護施設・障がい児(者)施設などで勤務する道が開かれます。

寮生活

白梅寮では、「ようぼく保育士」という同じ夢を持った仲間と共に生活します。寮生活だからこそ、互いに高め合い助け合うことができ、周りの人との関わりを通して、ようぼくとしての心の成人ができる場所。そのような生活の中で生まれた絆は、かけがえのないものとなります。
また、自主的なサークル活動や寮祭、てをどり・鳴物の練習、教えを学ぶお話、少年会の実技を学ぶ講習会など、楽しみながら信仰を深めることができるのも魅力の一つです。

ひのきしん

親里で行われるお節会や福祉関係の行事などの係員をつとめたり、夏の「こどもおぢばがえり」では、子ども達と直接ふれあいながら、笑顔いっぱいのひのきしんに励みます。

経費について

指定校入学時納付金、在学中の学費、寮費などが扶育されます。
※白梅寮は、天理教布教部からの扶育です。
※ただし、食費の一部、取得資格手数料などの経費は自己負担となります。
※授業料減免補助金・給付奨学金の受給対象者は併用していただきます。

募集要項

毎年5月25日に発表されます。
「指定校入学願書」や「扶育生採用願書」等、出願に必要な所定の用紙は白梅寮で取り扱っています。
願書出願期間は8月26日~9月26日(受付時間:午前9時~午後4時)となっています。

白梅寮生の声

  • 白梅寮で過ごした2年間の一つひとつが私にとって、大切な思い出となりました。奈良保育学院では、保育の専門学校ならではの知識や技術を学ばせていただきました。白梅寮では、おてふりや鳴物の修練をはじめ、先生方の講話やひのきしんなど、お道についてより深く学ぶ機会が多く、改めてお道の素晴らしさを実感することができました。この2年間は、新型コロナウイルスの影響により、例年と異なることが多かったように思います。その中でも、楽しく充実した寮生活を送ることができたのは、時に笑い合い、時に共に涙した同期の存在、どんなときも一番の味方でいてくれた家族、親身に話を聞いてくださった先生方がいたからだと思います。感謝の気持ちでいっぱいです。これからも、親神様・教祖にお喜びいただけるようぼく保育士を目指し、子どもたちにお道の風を吹かせられるよう、日々成人していきたいと思います。(Kさん 徳島出身)
  • 地元から出てきて右も左も分からず、知り合いもほぼいない中、始まった寮生活。一気に二十九人の同期ができ、仲良くなれるのか、二年間やっていけるのかと不安が募り、毎日のように泣いていたことを思い出します。仮面を被り合いながら過ごし、相手のいろいろな面を知り悩んだ日々、お互いを思うがゆえに起こったすれ違い、お腹がよじれるほど笑った日々、恋愛話で盛り上がった日々、日をまたいだミーティングなど、本当に様々な日々がありました。個性豊かな三十人が揃い、共に過ごした二年という月日。こんなにも自分を出せる仲間に出会い、楽しいことも辛いことも一緒に乗り越えてきたこの仲間との繋がりを私はこれからもずっと大切にしていきます。(Iさん 新潟県出身)
  • 私は白梅寮に入寮するまで天理教の教えが信じられず、反抗心を持っていました。しかし同期が神殿に足を運び、何かあると「親神様が見せて下さっているんだよ」と心に収まりやすいよう話をしてくれたり、不足に思いがちなことも「ありがたいね」と言って喜べる心を持てるようにしてくれたり、毎日が自分にとっては本当にとても衝撃的で刺激的なものでした。同期がお道への考えも大きく変えてくれ、今では日参を勇んでできるようになり、本当にありがたい出逢いをさせていただいたのだと心の底から思います。(Oさん 愛媛県出身)
  • 様々な性格や価値観を持った二十九人と幹事先生と一緒に生活する中で、自分の癖性分にも気付くことができ、私自身の心の成長をするきっかけにもなりました。今の世の中には、様々な問題を抱えた子どもやその保護者がたくさんいます。そのような悩む人々に寄り添い、おぢばの風を吹かせるのがようぼく保育士の姿であり、そのような姿になることが、私が白梅寮に来た意味であり、神様の望まれる姿だと思います。これから先、どのような場所で働き、どのような人々に出会うのかは分かりませんが、白梅寮の二年間で得た多くのものを糧にして、人々の役に立てるような通り方をしたいと思います。(Nさん 静岡県出身)
  • 保育の勉強だけではなく人としての在り方や天理教についてなど学院に行くだけでは学ぶことのできないことをたくさん学ぶことができたのだと思います。私にとって白梅寮で過ごした日々は宝物です。私の白梅寮で学びたいという気持ちを理解し送り出してくれた家族に本当に感謝しています。私の休みの日に合わせて両親が普段あまりおぢばに来ない姉妹達を連れて会いに来てくれ、遠いところからでもいつも支えてくれているのだと感じました。私を支えてくれた人達の為にも、ようぼく保育士として活躍していきたいです。(Mさん 兵庫県出身)