立教184年全教一斉ひのきしんデー

 立教184年も「全教一斉ひのきしんデー」を4月29日(祝)に実施します。この活動は、日々頂戴する親神様のご守護にお礼申し上げるひのきしんを、日を定め、全教が心を一つに行うものであり、その姿は、地域に対する大きなにをいがけになります。またひのきしんは、日々実践するご恩報じの行いです。ひのきしんデーを通して、ひのきしんの喜びと日々行う大切さを改めて感じてもらい、ようぼく家庭の日常に、ひのきしんの実践がある姿につないでいきたいと思います。
 なお、新型コロナウイルスの影響で、会場を設定してひのきしんを行うことが難しい支部(組)につきましては、各家庭周辺でのひのきしんの実施を、ようぼく家庭に呼び掛けてください。
 布教部では、ようぼく、信者の掘り起こしを通して地域活動の活性化を図り、更には教会内容の充実に寄与できるように、立教185年に迎える全教一斉ひのきしんデー90周年に向かって、全国564カ所のどの支部においても、支部管内全ようぼく家庭に声が掛かる姿を目指しています。
 90周年の節目につなげる上からも、4月29日は「全教一斉」の名に相応しく、全国津々浦々で報恩感謝の心でひのきしんが行われるよう、直属からも所属ようぼくへの案内を徹底してもらい、直属・教区が一手一つに心を合わせて取り組ませていただきましょう。

実施計画書について

  • 実施計画の入力はこちらからお願いします。
  • インターネット経由で実施計画入力ができない方はこちらから計画書をダウンロードして記入してください。