ホーム

天理教布教部

立教182年度 布教の家入寮者募集

立教182年度 布教の家 入寮者募集
●願書配布:11月25日 開始
●願書受付:立教182年1月25日 午前9時
~2月25日 午後4時

     立教182年度の布教の家の入寮者を募集しています。
     布教の家は、布教を志す人が1年間、実際ににをいがけ・おたすけに明け暮れる場所です。ただ布教に歩くだけではなく、そこに喜びの心を持てるよう、歩きながら自らの信仰を見つめ直す場でもあります。
     布教の家は、決して単なる練習所や研修所ではありません。まさに布教の現場であり、受け身の姿勢で育ててもらう場所ではなく、ひたすらにをいがけ・おたすけを実践する中で、布教師として自ら育つ場所なのです。
     毎日の布教道中は、決して順風満帆ではありません。そのような時に支えとなるのが、寝食を共にする仲間です。また仲間は、互いに切磋琢磨する良きライバルでもあります。
     また各寮には、寮長はじめ育成にあたる方々がおられ、いろいろとアドバイスをしてくださいます。どの寮のスタッフも、寮生が真っ直ぐににをいがけ・おたすけに邁進できるよう、寮生と正面から向き合って、布教生活を支えてくださいます。
     布教の家での1年間は、教会の御用や私事から離れて、完全に布教に没頭する毎日を送ります。だからこそ素直にひながたを通る基盤がつくられ、生涯の布教生活の心を定める貴重な仕切りの1年となるのです。この1年間で味わうさまざまな経験は、かけがえのない一生の宝となるでしょう。
     布教が大切だと頭では分かっていても、日常の生活に追われてなかなか徹することができない。そんな方は、ぜひ思い切って布教の家に飛び込んで、布教専従の1年を通ってみてください。1人でも多くの方の入寮をお待ちしています。
    →布教の家についての詳しい内容はこちら

10月 おやさと講演会

10月おやさと講演会

おぢばでお道の素晴らしいお話を是非ともお聴き下さい!!
 お連れした帰参者の皆さんとともに信仰を深める教話に耳を傾けましょう。
 一人の信者さんへの丹精が、明日の陽気ぐらしにつながります。

  • 日時 10月25日(木) 13時より
  • 会場  東講堂
  • 第一講  吉福多恵子 (濃飛分教会長夫人)
    演題: 心をつなぐ
  • 第二講  中本 恭行 (生駒・都京分教会長)
    演題: 代を重ねる信仰の有り難さ
  • 日時 10月26日(金) 13時より
  • 会場  東講堂
  • 第一講  福田実直隆 (南紀・神原分教会長)
    演題: 神の守護というものは
  • 第二講  北原 春雄 (伊那・北飯田分教会前会長)
    演題: 真の喜びは「たんのう」から

詳しくは、布教二課まで。

ホーム

サイト検索
最近の記事
記事アーカイブ

ページの先頭へ戻る

©2009 Tenrikyo Densanka All rights reserved.
Powered by WordPress vicuna CMS WordPress テーマ