全教一斉にをいがけデー

「全教一斉にをいがけデー」は、提唱されてから今年で90年を迎えます。
教祖の御教えを未だ知らない人々へ伝えるにをいがけは、陽気ぐらし世界実現を目指す上で、ようぼく一人ひとりが実践すべき大切なつとめです。しかしながら、にをいがけに自ら踏み出せないようぼくが多くおられます。そうした中、にをいがけデーは、ようぼくが大勢の仲間と共に行うことができ、日々の布教活動に踏み出す機会となりえます。さらには、教祖140年祭の年祭活動に向かう時旬にあって、にをいがけのできる人材を育てることにもなります。
そこで本年も9月28日~30日の3日間を「全教一斉にをいがけデー」として活動します。
担当者は、一人でも多くのようぼくがにをいがけ実動することを目指して計画してください。そのためにも、まず教会⾧が率先して実動することが肝心です。
この期間に、すべての教会⾧が布教活動に取り組むよう、働きかけをお願いします。また、新型コロナウイルス感染症の状況により、大勢が集まっての活動が難しい地域は、各ようぼくが〝身近な人へのにをいがけ〟に取り組むように促してください。
教祖にお喜びいただけるよう、全教一手一つに勇んだ布教活動をさせていただきましょう。

 → 立教185年全教一斉にをいがけデー 担当者用ページ